赤ちゃんの検査・処置

お生まれになった赤ちゃんが健やかに育つよう、入院中に下記の検査を行います。申込書に必要事項をご記入のうえナースステーションにご提出ください。

新生児マス・スクリーニング検査(先天性代謝異常等検査)

ホルモン異常2疾患(クレチン症、先天性副腎過形成症)と代謝異常症17疾患、その他7疾患の26疾患を発見できます。費用は自治体が負担してくれます。生後4日目に、新生児の足裏から採血し検査を行います。同時に先天性胆道閉鎖症も検査します。検査結果は1ヵ月健診の際にお知らせします。

乳児ビタミンK欠乏性出血症の予防

生後3週間から2ヵ月の乳児に、ビタミンK欠乏によると思われる重大な出血症状(消化管出血、頭蓋内出血)がみられることがあります。この出血の発症を予防するために次の時期にビタミンK2シロップを経口投与します。

02111
san07

小児科医師による診察

入院中に1~2回、小児科医師が赤ちゃん診察を行います。

黄疸チェック

赤ちゃんの皮膚に黄疸計測器を当て毎日チェックを行い、必要があれば足底から採血します。生後4日目には全員足底から採血します。治療が必要な場合には光線療法を行います。

新生児聴力検査(自動聴性脳幹反応:AABR)

赤ちゃんの聴力障害を新生児期に発見することができれば、早期にケアを始めることによって通常の子ども達と変わらない聴力発達が期待できるとされています。
検査は、赤ちゃんが眠っている間に聴覚検査機器の音を聞かせて、聴力を脳波でコンピュータにより自動的に判定するものです。
赤ちゃんに負担はかかりません。