新型コロナウイルスに関するお知らせとお願い

コロナウイルスワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する方へ日本産科婦人科学会の提言

2021.1.27

令和3年1月27日に日本産科婦人科学会から提言が出されました。
日本産科婦人科学会ホームページでご覧いただけます。

提言の要旨は、以下のとおりです。

  1. コロナワクチンは、現時点で妊婦に対する安全性、特に中・長期的な副反応、胎児および新生児への安全性は確立していない。
  2. 流行拡大の現状を踏まえて、妊婦をワクチン接種対象から除外することはしない。
    器官形成期(妊娠12週まで)は、ワクチン接種を避ける。
    母児管理のできる産婦人科施設等で接種を受け、なるべく接種前後に胎児心拍を確認する。
  3. 感染リスクが高い医療従事者、重症化リスクがある肥満や糖尿病など 基礎疾患を合併している方は、ワクチン接種を考慮する。
  4. 妊婦のパートナーは、家庭での感染を防ぐために、ワクチン接種を考慮する。
  5. 妊娠を希望される女性は、可能であれば妊娠する前に接種を受けるようにする。

詳しくは医師にご相談ください。

 

妊婦さん・授乳婦さんへのコロナウイルスワクチン接種について

2021.1.25

妊婦・授乳婦・妊娠希望女性に対する投与の方針は、まだ決定していません。
そのため現時点では確定的なことをお知らせすることができません。
ただ、理論上は上記の皆さんにも安全に接種できるワクチンと考えられています。
詳しくは医師にご相談ください。

私見ですが、職場などで接種希望調査があった場合は、一般的なワクチン接種ができない方以外は「接種を希望する」と提出していただき、今後の安全性や有効性の情報を見て、
最終的に担当医と相談して接種の判断をすると良いと思われます。

 

[外来付き添い] [面会] [立ち会い分娩] 制限のお願い

2021年1月8日改定

妊婦の皆さんは出産に向かって十分に準備をされていると思いますが、それでも不安は解消されずにいらっしゃると思います。当院ではスタッフ全員で安心・安全・快適・満足な出産をサポートさせて頂くために準備してお待ちしております。

また、「立ち合い分娩」はパパにとっては我が子を迎えるかけがえのない時間であり、父親としてママと我が子を支える最初の役割になります。ご家族の皆さんにとっても赤ちゃんを迎える「出産」は、大切なイベントで楽しみにされていることでしょう。
当院スタッフは、ご主人やご家族が一緒に出産に向かっていただきたいと考えております。

そのため、感染予防策として多くの医療機関が「外来付き添い」「ご家族の面会」「立ち合い分娩」を中止する中、当院では皆様のご協力を得て継続してまいりました。
しかし、今般の感染拡大により、患者さん・ご家族・医療従事者のお互いの感染防止が優先される状態になってまいりました。妊婦さんや胎児の命を守ることを第一に考えなければなりません。

またスタッフに感染が広がってしまった場合は当院での妊婦健診や分娩ができなくなり、皆様に「転院していただく」などのご迷惑をおかけすることにもなってしまいます。
今後の感染拡大によって、「外来付き添い」「面会」「立ち合い分娩」を突然中止せざるを得ない状況になることも考えられます。

これからも当院でのクラスター発生を防ぐため、職員一同、医療従事者として食事の際や休憩中の談話には特に節度ある行動をして参ります。

妊婦さんご自身はもとより、同居のご家族(夫・パートナーやお子さん、ご両親など)におかれましても、「ご家族以外との会食」「職場での昼食」などマスクを外す機会は特に注意をはらい、ご友人や職場などご家族以外との交流機会での行動に十分気をつけていただきますようお願いいたします。どこに感染者がいるか予測がつきません。「うつされない」「うつさない」行動が重要です。

妊婦の皆さんやご家族に大変ご不便をおかけすることになりますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

 

マタニティクラス・エクササイズの一時中止について

2020年12月28日

新型コロナウイルス感染症の感染予防のため、マタニティクラスおよびマタニティエクササイズを一時中止させていただきます。
なお、その間のマタニティクラスにつきましては、「個別相談」(予約制)で対応させていただきますので、詳細は「妊婦さんの個別相談」をご確認ください。(この間の個別相談は無料となります。)
また、入院患者さんのご希望で行っておりましたリラクゼーション(無料)につきましても、一時お休みとさせていただきますのでご了承ください。

 

コロナ感染症「濃厚接触者」になった場合のお願い

2020年12月24日

家庭・職場・学校などでコロナウイルス感染者が発生し、ご自身が「濃厚接触者」と判断されて2週間の自宅待機を指示された場合には、さくら産院にご連絡いただきますようお願いいたします。
自宅待機中に受診予約がある場合は変更などのご相談をさせていただきます。
また救急で受診する必要が出た場合に備えてのご説明をさせていただきます。
「濃厚接触者」の方で受診が必要な場合は、時間や場所を整えて感染に注意して当院で診療させていただきます。
ご自身が「コロナウイルス陽性」と判断された場合は、保健所などの指示をあおいで、適切な医療機関にご紹介させていただきます。


感染拡大が続いていますが、これからも「立ち合い分娩」「ご家族の面会」を続けることができますように、引き続き感染予防対策(マスク着用・手洗い・消毒)にご協力いただきますようお願い申し上げます。

 

妊産婦のみなさまへの注意事項

公益社団法人日本産婦人科医会 「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)について(8報)」にて妊産婦の皆様への注意事項が掲載されておりますので、ご参照ください。

参照サイト:公益社団法人日本産婦人科医会

 

母児教室『ピーチランド』の開催中止について

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染予防のため、現在母児教室『ピーチランド』は中止させていただいております。

 

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)について

新型コロナウイルス感染症のニュースがあふれており、大変ご心配されていることとお察しします。
一般には高齢者や乳幼児と同じ扱いとされています。

2月12日の医学雑誌Lancetの論文などからわかる妊婦さんへの影響をお知らせします。

妊婦さんの感染症例が少ないので今後変わる可能性が高いと認識した上でお読みください。

  1. 妊婦さんに特有な症状は確認されていません。
  2. 妊婦だからといって、重症化するということは確認されていません。
  3. 妊娠中の感染で胎児に感染を起こしてしまうことも確認されていません。
  4. 風疹ウイルスのように妊娠初期に感染して胎児奇形を起こすか起こさないかは、妊娠初期に感染して出産した例が未だなく不明です。
  5. 感染しても早産などの産科合併症は起こさないと見積もられています。
  6. 母乳からコロナウイルスが検出された報告はありません。


現時点ではインフルエンザウイルス感染のように妊産婦の重症化や死亡率が特に高いという報告はありません。
しかし情報は日々更新されます。情報に十分注意してください。

現時点では手洗い・アルコール消毒・マスク着用などで予防し、冷静にご対応ください。
軽症の場合に病院を受診して、逆にウイルス感染を起こしてしまう危険性があるため自宅安静も選択肢です。

 

令和2年2月25日
さくら産院院長
泉 章夫